皆さまへ KONISHIKIの妻、小錦千絵より先日の6/18.19に開催されました【KONISHIKI来日40周年記念祝賀パーティー、イベント】にあたりましてお礼のお言葉をさせて頂きます

ハワイで生まれたSaleva’a Fuauli Atisanoeが愛する両親の反対を押し切って日本へ降り立ってから40年…相撲の事など何も分からず、日本にはまだ侍がいると信じていた18歳の彼を想うと思わず微笑んでしまいます😅ハワイからの飛行機では泣いて泣いて…泣き過ぎて疲れて寝てしまい、目覚めたら日本に着いていたそうです。日本行きを反対していた母親は日本に行くまでの1週間一言も口を聞いてくれなかったそうです。空港で最後に別れるさいにはSaleのTシャツの裾を引っ張って行かないで…といつまでも泣いていたそうです…それを想うと涙が止まりません。

そんな彼もすぐに日本に慣れ、相撲にも慣れて行き、酸いも甘いも経験し、みるみるうちに強くなり、出世街道まっしぐらでした。しかし大きな怪我にも見舞われて苦労も絶えませんでした。そんな苦労も乗り越え、大関まで登りつめ、3度の優勝を飾りました。その頃のパパママの事を想うと…本当に息子が誇らしかっただろうなと…素晴らしい親孝行をしたんだなと改めて尊敬します。相撲人生の最後はやはり怪我との戦いに苦しみ…満身創痍でした。引退後も相撲を愛し、相撲に出会えた事に感謝し、常に相撲の未来考えながら生きて来ました。

40年…一言では言い表せない人生…出会えた全ての方に感謝を伝えたい…という小錦の想いから今回のパーティーが形になりました。全てが手作り…全てにこだわりがあり…小錦の頭の中にある物を形にするまでにはかなりキツイ事もあり…(笑)何度も諦めかけた事もありましたが…その度にもうこれが最後…2度と出来ないから…お祝いだから…と自分に言い聞かせて頑張りました(笑)

それが全て形になった時の感動…やはり小錦はプロデューサーであり、演出家、総合監督、初めから全てが見えていたんだな…と…改めて尊敬の想いが湧いてきました。

皆様に小錦の感謝の想いが伝わっていましたらとても嬉しいです。日頃から会っていた友人、久しぶりにお顔を見れた方々、全ての皆様とはあまりお話しが出来ませんでしたが、皆様の笑顔を見れただけで本当に幸せでした。

このパーティーに多大なるご協力を頂いた全ての皆様に心より御礼を申し上げます。皆様のお力なくしてはやり遂げる事が出来なかったと思います。本当にありがとうございました。心より感謝致します。

このパーティーにご参加頂きました皆様、携わって下さった皆様、本当にありがとうございました。

最後に、大関の一言で集まってくれた元高砂部屋の後輩の皆さん達には…なんとお礼の言葉を言ったらいいか分かりません…本当に本当にありがとうございました…大関が本当に嬉しそうで…幸せそうで…それを見るのがなによりも嬉しかったです!!

全てに感謝…ありがとう…

2022年6月28日

株式会社KP

小錦千絵